14期生の4月20日補講講座報告

月 日:2022年4月20日(水)晴れ

講座名:ネイチャーフォト入門

講 師:阿倉 薫先生

場 所:ファインプラザ大阪

 さわやかな青空。今日は、カメラのレンズを通して昆虫などの観察や撮影を行う講座。岩湧の森で出会った虫たちを1000種類以上撮影され、その中から様々な写真や動画を鑑賞。ユニークな動きで散歩するナナフシモドキの動画で癒される。アブラムシはメスだけで子どもを産むことができる「単為生殖」だそうである。ヒメバチはコナラの木に長い産卵管を入れて器用に卵を産む。知らないことがまだまだいっぱい!「昆虫に出合うたびに感動するんです!すごいですよね。」と仰る講師の優しい言葉に昆虫愛があふれている。

 トンボの雌雄の見分け方は、横向きにして腹部の根本付近がふくれている(副性器)のがオス、滑らかであればメス。これからはじっくりと観察してみよう。嫌われがちなクモは眼が8個で種類によって位置や形状が違う。クモをじっと見ることがないのでこんなにあるなんて驚き。最後に100均で買えるというマクロレンズを使って、紙幣や硬貨の細かい部分を撮影。肉眼では見えなかった細かい文字やデザインがはっきり見ることが出来た。賑やかな声に包まれ笑顔のまま講座終了となった。(S.N)

久々の座学 真剣に耳を傾けます

マクロレンズ 100均で買えます

エサキモンツキノカメムシ背中にハート模様

アケボノソウ 密を求めてアリさん集合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。