吟行部会の1月活動報告

月日 :1月20日

行先 :岸和田 (蛸地蔵駅・天性寺・紀州街道・だんじり会館・岸和田城)

句会場:岸和田中央地区公民館 講座室

参加人数:14名(内 欠席投句1名)

兼題 :新年・悴む・竹馬・蝋梅

 前夜より残る雨模様でしたが、蛸地蔵駅に集合した頃にはどうにか上がって
いてゆっくり吟行することができました。
だんじり会館・岸和田城ではボランティアガイドさんの丁寧な説明につい時間が
気になってしまう程で、熱心にまた楽しく話してくださいました。
駅前商店街を抜け、天性寺、紀州街道は風情があり、古を彷彿させる町並みでした。(U.T)
*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
◇1月度会員兼題句
・注連飾り隣近所が気にかかる    尚文
・柏手二拍淑気満ちたり龍を呼び   たけみつ
・寒日和ただそれだけの馳走かな   洋々志
・啾々と鬼も哭きをり凍つる能登   ゆき雄
・祝箸名を書く夫に傘寿くる     みえこ
・顔見せぬ孫の名前も箸紙に     河笑流
・蝋梅や何故に淋しき色つけて    流以
・句座に入る寒紅きりと引き直し   都史子
・寒風に身じろぎもせず読経僧    ふじ乃
・蝋梅の匂ひ降り来る路地の角    楠子
・竹馬を斜めに倒し駆け比べ     万未知
・悴むやリードの先に犬二匹     佐都
・竹馬やがき大将に孫九人      行行子
・竹馬が屋根に眠りたボール取る   豊年

◇当日句
特選 ・寒日和千亀利の城の濠閑か   洋々志
佳作 ・冬空の八陣の庭白く映え    河笑流
   ・蛸地蔵の謂れの寺に懐手    都史子 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。