吟行部会の9月活動報告

第121回 吟行部会報告

実施月日 : 令和4年9月17日(土)

実施場所 : 堺駅から旧堺燈台

参加者 :  11名

  2~3日前からの台風情報で気が揉めましたが当日は 曇天ではありましたが、少し強めの秋風も心地よく感じられ 南海堺駅から徒歩で大浜公園へ、公園に通ずる橋の欄干で旧堺港を見つめる「南蛮人」に挨拶 その向こうに「龍女神像」が見える。 遊歩道の先には旧堺燈台 対岸には南蛮貿易で栄えた堺旧港の日本最大級の「壁画」、 6.96mの日本一 低い山『蘇鉄山」に登頂等々 大浜公園を巡り堺駅に戻る。 各々昼食を取った後 ニコニコカルチャースタジオで句会、2か月ぶりの部会、お天気にも恵まれ? 海風も楽しく感じました。   (M.H)         

当日参加者の代表句 (欠席者投句 1句)   (兼題) 「燕帰る」 「蓮の実」 「墓参」 「秋の暮」

* 敗苛やカメラ構えて立ち止まる      尚文

* 燕去る空の巣残し我残し         たけみつ

* モノクロの木立を覆う星月夜       洋々志

* 晩夏の森音吸ひ尽くす苔の       森 まさこ

* 秋雲や葛城二上信貴生駒         ゆき雄

* ふる里の言葉に戻る墓参り        美枝子

* ひと漕ぎのペタルが走る秋の暮       流以

* 秋の暮施設の窓のシルエット       河笑流

* 風の色高野を巡る女人みち        都史子

* 点鬼簿に兄の名記す墓参り       ふじ乃

* 父知るは五指にも満たず墓参り     楠子

* 著変なし夕げ漂う秋の暮         万未知

当日句   特選

* 秋を背に湾にりりしき龍女神        流以  

* 身に入みて昔日の燈我照らす       たけみつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。