いのちの営み探検部会の4月活動報告

日 時 : 2022年4月18日 月曜日

行き先 : 浜寺公園 

参加者 : 25名

テーマ : 松ぼっくりはどうやってできるの?

春4月マツは花を咲かせます。上に向かって長く伸びている物があります。マツの花です。一つの木に松ぼっくりに育つ雌花と花粉をつくる雄花ができます。雄花でつくられた花粉は風により運ばれ、新しい枝の先にある雌花にたどりついて受粉・受精をし、雌花は時間をかけて成長をして松ぼっくりの状態になります(種が成熟するまで、一年半を要します)2年目の秋、成熟した松ぼっくりは、天気のいい日に開き、中の種が風に乗って飛ばされ地上に落下して春に芽を出します。種を飛ばした松ぼっくりはやがて地面に落下します。

 久しぶりの部会、浜寺公園は、桜は散ってバラはまだつぼみが多く、華やかさはありませんでしたが、松は(ほとんどクロマツ)花盛りで、観察にはとてもよい状態でした。(T.M)

春 花のさいている松の木

雌花・雄花と前年の松ぼっくり

雄花

雌花と前年の松ぼっくり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。